イルファンさんの初心者のためのアートフラワーの作り方 

初心者の皆様に簡単に出来る抜き弁を使用して作成する方法を表示しています。 


〔アートに髪飾り〕
                                                   薔薇のコサージュへ   ご自慢展示室へ
   
A)コームを使用する材料

 
【準備する材料】
〔コームを使用したフラワー〕
 C-141
 うす絹 ラークスパー(小) 13
 C-139
 うす絹 ラークスパー(大)   6
  ワイヤー  30番 / グリーン  2
  コーム ・ ゴールド 15足    1
 フローラ・テープ / ブラック
 丸こて五分

 染料
 大花弁は青(青+紫)
 
B)Uピンを使用する材料


【準備する材料】
 〔Uピンを使用したフラワー〕
  C-141 うす絹 ラークスパー(小)  4枚
  C-139 うす絹 ラークスパー(大)  1枚
 ワイヤー 30番 /グリーン    1本
 フローラテープ / ブラック
 丸こて五分
 Uピン(小) 1個
 染料
 小花弁は紫(紫+青)
 
【花弁を染色をする】

花弁は重ねて染色、裏返してもう一度染料を塗ります。
少しして、水分が落ち着いたら一枚づつ剥がして乾燥させます。

ポイント
お好みの色より少し濃いめ位に染色して下さい。乾燥後色味が薄くなります。
 
染色が完了した状態
 
【こての当て方】


(A・B)の薔薇のこて当てです。
小さい花弁は丸こて五分でお椀のような形に整えます。

 
丸こて五分で花びら一枚、一枚に丸みをつけます。
Uピンを使う花弁も同じように当てます。

 
各花弁のこて当てが完了。
 
お花の花芯をつくります。
花弁に目打ちで通し穴を作り、ワイヤーを半分に折り、折り曲げた部分の先端を少し折り曲げます。

 
他の花びらの先にもボンドをつけて同じように花びらを折って張り付けます。中心にボンドをつけ、つまむようにして花芯の形を作ります。

 
花芯を包むように、小花弁を一枚ずつ3枚、根元にボンドを付けてつまむようにして付けます。
小さな花は同じように花芯をつくり、大の花弁を一枚貼りつけます。

 
【花の組み立て方】


各一組毎にボンドを付けて完成です。

 
大花弁に小花弁をずらせて重ね、花弁の中央あたりに軽くボンドを付けて留めつけておいたものを、ずらしながら張り付けてお花を作ります。
   
 
花弁の組み立て完成です。
 
茎をフローラテープで巻き下ろします。
大・小の茎にフローラテープを巻き付けます。
 
花芯を 茎は約4cmくらいの長さで切ります。
 
Uピンはお花を片側にワイヤーでしっかり固定します。
フローラテープでUピンの長さ約半分くらいまでなだらかになるよう巻き付けます。
 
お花とUピンをセットした状態
 
【コームを取り付ける】

コームに茎を絡ませます。
 
その上からフローラテープを巻き付けます。
 
髪飾りの完成です。


                                                        薔薇のコサージュへ    ご自慢展示へ